Ginza Net Times Vol.21
10/32

Ginza Net Times 10 老舗の焼き鳥屋なのに、なぜ、ドライカレーなのか。そりゃ、旨いからって以外に理由はない。メインの焼き鳥に負けず劣らず、旨いってことだ。 そもそも、このドライカレー、初代がイギリスのカレー粉を使って始めたっていうんだから歴史が古い。ここの焼き鳥は、ひと口食せば、鶏肉から脂や肉汁が染み出し、噛むほどに口の中へと広がっていく。そこにドライカレーだ。口の中がさっぱり爽やかになるので、常連たちが〆の一品として定番にしていったらしい。これがなくちゃ始まらない、じゃなくて、これがなくちゃシマラない。この昭和ただよう、やさしい味がいいんだよなぁ。 そんな〆の一品、いや逸品であるドライカレーが、最近はランチでも食べられるようになった。それって贅沢すぎない? とは言え、ランチでも頻繁に立ち寄るようになっているんだから、ドライカレーの吸引力、恐るべしだ。 さらに、足がついついこの店に向いてしまう原因が、もうひとつのランチメニューにある。それが「そぼろ丼」。水を使わず、酒と醤油と少々のみりん、そして、たっぷりの生姜で炊き上げたそぼろがもう泣けてくるくらいの絶品。日本人なら絶対に好きな味。いや、これが嫌いなヤツは日本人とは認められないってくらい直球の旨さだね。これが元々はまかない飯だったって言うんだから、老舗の味は底が知れないぜ、まったく。夜だけのお楽しみがランチで登場とは贅沢だぜ!もうひとつのランチも絶品!通う回数が増えちゃうなぁ焼き鳥頬張って〆にドライカレー常連増え続ける底知れぬ老舗の味ドライカレー銀座 鳥繁[銀座6丁目]銀座 鳥繁中央区銀座6-9-15 ☎03-3571-8372営業時間・11:30~14:00(ランチ)、17:00~22:00(L.O.21:15)、日祝日休 アクセス・東京メトロ銀座駅A2出口から徒歩3分、東京メトロ東銀座駅A1出口から徒歩6分、東京メトロ新橋駅3番出口から徒歩6分http://ginza-torishige.co.jp/モザイク阪急リクルート日航ホテル数寄屋橋並木通り外堀通り中央通りホテルコムズギンザ資生堂フェラガモ銀座駅ソニービル博品館晴海通り三愛←JR新橋駅御門通り金春通り花椿通りアマンド銀座国際ホテル銀座 鳥繁▶品のよい甘さに仕上げたそぼろがたまらない「そぼろ丼」(800円)。こちらもランチ限定メニュー。▲コップいっぱいに注がれる日本酒は、表面張力と職人技の合わせワザ。▼絶妙な塩加減がたまらない焼き鳥と常連さん絶賛のドライカレーをセットにした「鳥繁5本セット」(1,500円)は、ランチ限定メニュー。▲ドライカレー850円(鳥スープ付・夜の価格)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です