Ginza Net Times Vol.21
21/32

21 Ginza Net Times都心からほど近く、情緒あふれる伊香保温泉には、ふたつの湯がある。黄金の湯と白銀の湯。贅沢で美しい名を称える名湯をどちらも楽しめるのがここ『お宿玉樹』だ。 常連客が多いこの湯宿で特に人気の高いのが、家族やカップルが水入らずで白銀の湯を楽しめる専用露天付きの客室。朱塗りの大きな露天風呂を備えた「槐(えんじゅ)」に加え、「杠(ゆづりは)」、「あすなろ」も最上階に位置し、その眺望も格別だ。 さらに趣の異なる洋室、ひのきの香りの展望風呂が爽やかな「蓬莱」やアジアンテイストの信楽焼の陶器風呂にこだわお宿玉樹この宿のすべては「癒し」のためにある[群馬県・伊香保温泉]りを感じる「楓」も心地いい。 また最近、女性客から熱い支持を受けているのが、エステサロン「ほの香」。フランス「デクレオール」の植物成分100%アロマエッセンシャルオイルを使ったリラクゼーションで、心も身体も癒されてゆく。まさに極上のひとときだ。 さらに、この湯宿の魅力を語るのに欠かせないのが、四季の移り変わりを五感で感じ取ることができること。景観は言うまでもないが、特筆したいのは料理に感じる四季だ。一番美味しいものを一番美味しい時に。素材の旬を大切にした料理はどれも、職人が吟味を重ね、誠心誠意を込めて仕上げた手作りの味。器や盛[取材協力]お宿玉樹その季節の旬の素材を、地元である上州各地から集め、心を込め、決して手を抜かず、丁寧に仕上げる料理。季節を大切にする宿ならではの味わいは格別。女将が自ら選び抜いた器にも、目にも美しい盛り付けにも、プロとしてのこだわりを感じる。また、料理長特選料理が楽しめる昼食も大人気。最上階にある「槐(えんじゅ)」は、ゆったりとくつろげる広々とした空間に、開放感たっぷりの露天風呂が付いた特別室。白銀の湯が注がれた朱塗りの露天風呂。4~5名様でも入れるゆとりあるサイズなので、家族揃って上州の山々を眺めながら、のんびりとゆったりと、プライベートな時間を満喫できる。群馬県渋川市伊香保町伊香保87-2 ☎0279-72-2232アクセス・JR渋川駅からバスで25分、JR高崎駅からタクシーで50分、関越自動車道「渋川I.C」から車で15分料金(1名あたり)・平日1泊2食付(2名1室)16,800円~39,900円http://www.oyado-tamaki.com/一昨年の秋にリニューアルオープンした露天風呂付き客室がふたつ。「杠(ゆづりは)」「あすなろ」ともに最上階にあるため、露天風呂からの四季折々の景色を眺めることができる。季節の香りや風を感じながら、白銀の湯を堪能する、この上なく贅沢なひとときを。露天風呂付き客室がリニューアルオープンり付けにも心を配ったそのひと品ひと品に美しい日本の季節が宿っている。エステサロン「ほの香」豊富な本格メニューで至極の美とリラクゼーションを提供。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です