Ginza Net Times Vol.22
12/32

Ginza Net Times 12@Marsy Column@マーシーの、なが~い独り言。韓国弾丸ツアー“二日酔いには薬膳鶏スープ”第15回 韓流ブームは続いているが、韓国は私にとっては、近くにあって遠い国。でも、編集長が誌面で韓国グルメ特集を組みたい!!なんて言うもんだから、とりあえず、現地の味を味わうべく、急遽決定した弾丸韓国ツアー!現地に到着し夜の11時をまわった頃に、まずはあのご飯泥棒ともいわれるくらいご飯がすすんじゃうワタリガニの醤油漬け、カンジャンケジャンを食べに新沙洞のプロカンジャンケジャンというお店に飛んで行った。 白ワインを頼み(当然?)ケジャンをチュウチュウすする(ウマ~イ!)。白いご飯も頼んでカニ味噌といっしょにむさぼる。編集長は無言で食いまくる…(ウマ~イ!ご飯おかわり!)。ここは、もともとアグチムというアンコウ蒸しで有名だったというのを聞いて、久しぶりにアンコウ鍋を注文。日本版をちょい辛に仕立てた鍋だ(ウマ~イ!白ワインもう1本!)。韓国の味を堪能しつつ結局はいつも通り酩酊したのだった(どこに行っても変わらないな)。 二日酔いも治まらないまま、翌日は午前中からサムゲタンを食べにトソッチョンというこれまた有名な観光スポットへ。じっくり煮込んだ薬膳鶏スープが昨日の胃を正常に治してくれる(治してくれそう?お願い治して!)。付け出しのキムチが甘辛でウマ~イ!胃が痛む。サムゲタンを食べる。胃が治る。キムチを食べる。胃が痛む。これを30分繰り返したのだった(アホだね!)。 さて、ただの食い倒れツアーに終らないように、しっかりと韓国グルメ特集の企画を練らなくては…苦笑。▲▶日本で食べるカニとはまた違う濃厚な味わい。これを食わなきゃカニは語れないね。アンコウ鍋ととともに、酒がすすむんだな。◀本場のサムゲタンは、食べてるそばから胃が癒される。▲TSUTAYA赤坂店でのサイン会では、この本の購入とやまださんにひとめ合うために行列ができ、購入できなかった人も出たほど。【有楽町2丁目】三省堂書店 ☎03-5222-1200【銀座4丁目】教文館2階 ☎03-3561-8447【銀座5丁目】ブックファースト銀座コア店☎03-3573-8889有楽町・銀座エリア購入可能書店 きっかけはラジオだった。編集部で何気なく聴いていたTOKYO FM。軽快な語り口に惹かれつい手を止めると、気になる話が流れてきた。それが『永遠に語り継ぎたい3・11の素敵な話』という本との出合いだった。実際に本を手にして読んでみると、じんわりとあたたかく、でも心の奥がしびれるような感覚。どうしても、番組のパーソナリティであり、この本の著者でもあるやまだひさしさんに話を聞きたくなった。その想いに突き動かされ、Twitterでも盛んに活動しているやまださんにコンタクトを試みた。ダメ元の特攻だったが、まさかの快諾。そして、インタビューが実現した。「3・11の後、自分に何ができるかと考えてみたけれど、やっぱりラジオでしゃべることしかできない。だったら、被災地の人が困っていること、助けてほしいことをどんどん代弁をしていこうって。そうしたら、それを聴いた被災地以外の人が手を差し伸べてくれた。驚くほど多くの人がね。それに気づいて、誰かと誰かを繋ぐプラットホームに自分がなれればいいと思って、必死にしゃべりまくりました」「3・11の何が素敵なのって言う人もいるけれど、実際に人と人を繋ぐことで集まったのは、本当に素敵な話ばかり。誰かが誰かを思いやったり、支えあったり。そういう話が悲しいわけがない。だからこそ、この3・11の話はもっと先の未来に繋げていきたい。この震災をリアルに知らない世代に、語り継いでいきたいですね。忘れてはいけないことだから」 人と人を繋ぎ、その想いを語り継ぐやまださん。彼が記した1冊の本はその証でもある。印税全額寄付を打ち出したのも彼の心意気。素敵な話のひとつだ。すべては、ラジオから始まった!あの日を語るのは、悲しい話ばかりではない。こんなにもあたたかく、素敵な話もあったんだ。『永遠に語り継ぎたい3・11の素敵な話』著者・やまだ ひさしさんを訪ねてSpecialColumn1,260円/ぱる出版印税全額を被災地に寄付。現在、100万円の寄付を実現させるべく、売上1万部以上の突破を目指す。『I’m Radioman』1,260円(5月11日発売予定)作詞作曲:前山田健一、歌:やまだひさしwithラジアンオールスターズ売上全額寄付による復興支援CD。坂本美雨さんがコーラスに参加した第二弾。詳細はオフィシャルHPまでお問合せ下さい。http://www.yamadamic.com/★このインタビューの続きはHPで! 熱いメッセージが満載です! http://www.ginzanet.com/ginzanettimes/永遠に語り継ぎたい3.11の素敵な話2000年5月、第37回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティー賞受賞。TOKYO FM「シナプス」は月-木の13:00~15:55絶賛生放送中。13年目に突入したJFN系列全国38局ネットプログラム「やまだひさしのラジアンリミテッドF」は、毎週金曜深夜25:00-29:00で生放送中。本業である声の仕事(ナレーション、声優、MC)などの他に、環境問題にも積極的に取り組み、環境省とラジオやメディアでタッグを組んだ様々な環境イベントの総合プロデュースも2003年より担当。やまだひさし/ラジオパーソナリティー

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です