Ginza Net Times Vol.22
20/32

Ginza Net Times 20 口の中でご飯と交じり合い、噛むほどにじわりじわりと旨さが広がっていく。この幸せな味がランチで手軽に味わえるなんて、まったく贅沢な話だ。 そもそもこの「そぼろ丼」、少し前まではメニューにすら載らないまかない飯だった。材料は、昔からこの店の看板のひとつであるつくね焼きに使うひき肉。その余りでまかない飯「そぼろ丼」を作っていたらしい。こんな旨いものを厨房の奥に隠していたなんて、そりゃあ罪作りってもんだぜ。 そぼろに水は一切使わない。酒と醤油と少々のみりん、後はたっぷりの生姜で炊きあげる。想像しただけでも旨いとわかる。そう、日本人なら間違いなく好きなあの味だ。黒糖しか使わないから甘さもほどよく品がいい。これが、老舗と呼ばれるこの店の先代、いや先々代から続いてきた味。歴史っていうのは偉大だなぁとつくづく思う。 さて、半分ほど食べ進めたところで、添えてある温玉を割り入れるとしよう。とろ〜りと黄身が流れだし、そぼろに絡んでこれがまた絶品! 昼からこんな贅沢していいのかってくらい旨いぞ、これは。さらに贅沢をするなら、これまたこの店の名物「手羽先」を一緒に頼むなんていうのもいい。実は最近、ランチにプラス料金で、焼き鳥が追加注文できるようになったのだ。こんなオイシイ話、見逃す手はない。ということで、本日は手羽先もいただいちゃおう。うーん、日本酒がほしい(笑) それにしても、親父やおふくろがこの店に通っていた頃は、まだ「そぼろ丼」はまかない飯だった。そう考えると、この美味しさを味わえることがすごく特別に思えてくる。今度、おふくろをランチに連れてきてやるかなぁ。この旨さこそ店の歴史日本人なら絶対に好きな味!名物をちょい足しでランチはますます旨くなる代々受け継がれてきた味は直球、というか豪速球の旨さそぼろ丼銀座 鳥繁[銀座6丁目]銀座 鳥繁中央区銀座6-9-15 ☎03-3571-8372営業時間・11:30~14:00(ランチ)、17:00~22:00(L.O.21:15)、日祝日休 アクセス・東京メトロ銀座駅A2出口から徒歩3分、東京メトロ東銀座駅A1出口から徒歩6分、東京メトロ新橋駅3番出口から徒歩6分http://ginza-torishige.co.jp/モザイク阪急リクルート日航ホテル数寄屋橋並木通り外堀通り中央通りホテルコムズギンザ資生堂フェラガモ銀座駅ソニービル博品館晴海通り三愛←JR新橋駅御門通り金春通り花椿通りアマンド銀座国際ホテル銀座 鳥繁▶代々続いてきた絶品の「そぼろ丼」(800円)はランチでのみ食べられる特別メニュー。プラス200円で、手羽先・つくね・かしわ焼き・砂肝・肝から好きな焼き物を選ぶこともできる。▲銀座らしい、品のいい佇まいに真っ赤なのれんが目印。▲昭和14年当時の写真にもかかわらず、今の銀座を歩いていても違和感のない、Yシャツにネクタイの男性3人がどことなく不思議な光景だ。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です