Ginza Net Times Vol.23
11/32

11 Ginza Net Timesうなぎ嫌いも笑顔にする本当に旨いうな重甘さ控えめであっさり旨い毎日でも食べたくなるうなぎうな重少し固めでコシのある九州産のうなぎを、じっくりとやわらかく蒸しあげてから蒲焼に。ふわりとしていながら、しっかりとした弾力があるのは、素材のよさと丁寧な仕事の賜物なのだ。うな重・松4,500円(ランチ時のみ、肝吸い・お新香付き)中央区日本橋小伝馬町15-16 ☎03-3661-6367営業時間・11:30~14:00、17:00~20:00、日祝日休アクセス・東京メトロ小伝馬町駅2番出口から徒歩3分、JR馬喰町駅1番出口から徒歩3分、都営地下鉄馬喰横山駅A1出口から徒歩4分小伝馬町駅ミニストップ ポリシーというほど大げさではないが、うなぎは銀座で食べないことにしている。なぜなら、ちょっと足を伸ばせば、この上なく旨い〝うな重〞を食べさせてくれる店があるからだ。 友人の実家でもあり従兄弟が代を継いでいるこの店は、小伝馬町に店を構えて百四十年以上という老舗。うなぎ以外のサイドメニューなどほぼない。味に自信があるからできることだが、決してうぬぼれではない。ここのうな重は、贔屓目なしに旨い。ギトギトした油っぽさがなくあっさりとした味わいで、二日酔いの日だって食べたくなる。なにせ、うなぎ嫌いの編集者も虜にするんだから本物だ。 美味しさの秘密は、甘すぎないタレにある。創業以来、継ぎ足しながら使い続けている秘伝のタレは、コクはあるのにしつこくない完璧な旨さ。一度これを食べたら、ちょっと他でうなぎを食べようって気にはならないね。 実はこの店、サッカー解説者の松木安太郎氏の実家として、ちょくちょくマスコミにも取り上げられる有名店(そう、友人とは彼のことなのだ)。 でもその名前に胡座をかくようなことはしない。「決して安くないお代をいただくのだから、最高のものを出したい」とは主人の弁。こういう妥協をしない姿勢が好きなんだよね。この店が初代から受け継いでいるのは、味だけじゃなく、こういう心意気も含めての伝統だってことさ。●近三[日本橋小伝馬町][取材協力] 近三有名店に胡座をかかないこだわりがまたいいね!マーシー、小伝馬町へ行く。美食のためなら何処へでも清洲橋通り江戸通り馬喰横山駅馬喰町駅ファミリーマート食糧会館近三

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です