Ginza Net Times Vol.24
12/32

Ginza Net Times 12すべてにこだわり抜いた野草原液酵素ドリンクが体質をきっちり改善!病気にならない身体、太らない身体を目指すなら“本物”の酵素を摂り続けることが大切!酵素八十八選添加物たっぷり、ジュースのような酵素は要注意? 一大ブームとなっている酵素ドリンクは種類も多いためついお手頃価格なものを選びがちですが、ちょっと待って。原料の数は多数書かれていても、その量が全体の5%程度しか入っていない、ジュースのようなものも実は多いのをご存知ですか? 成分表示や商品説明ではそんなことわからないから、難しいですよね? 数ある酵素ドリンクの中から、原料や含有量にこだわって選ぶなら、答えは必然的に『酵素八十八選』。その名の通り、山野に自生する生命力の高い野草を中心に、野菜や果物、きのこ、海藻と、吟味され厳選された原料が88種類。それに麹菌や乳酸菌、酵母菌など31種類の菌を配合しています。さらに、発酵に2〜3週間をかけ、たっぷり1年半かけて熟成。身体にいい栄養だけがぎゅっと凝縮されます。同じ栄養素でスプーン1杯とコップ1杯…摂取できる量が違うとしたら、価格が違うのも当然ですよね? また、安価なものには、添加物がたくさん入っているものも実は多いのですが、『酵素八十八選』は酵素の働きを邪魔する添加物などを一切使用していないのも重要なポイント。糖類も天然のものしか使用せず、水にもこだわっています。だから、豊富な量の酵素や栄養がきちんと身体に届き、正しく働いてくれる。飲むほどに効果が実感できるのも納得です。原材料(野草・野菜・果物)野草エキスの抽出陶製かめで発酵・熟成野草を中心に厳選した88種類の原料を大釜で約2時間、じっくり煮出して野草植物エキスを抽出。昔ながらの製法を忠実に守り、職人が手作業で一年半かけて発酵・熟成を行ないます。その際、発酵・熟成に不可欠な有機微生物が活動しやすいと言われ、遠赤外線効果で発酵に最適な陶製のかめを使うのも昔ながらの知恵。酵素づくりの肝となる発酵・熟成にこだわるからこそ、本物の酵素が仕上がるのです。野草の生命力を100%引き出すのは昔ながらの製法にこだわった発酵と熟成。だから、他とは違う本物の酵素になる!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です