Ginza Net Times Vol.24
5/32

5 Ginza Net Times1985年、東京都生まれ。2002年に映画デビュー。2004年に出演した映画『スウィングガールズ』で、その演技力が注目を集め、2007年のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロインでブレイク。幅広い層から支持を受ける。その後も若手実力派の筆頭として、映画やテレビドラマなどで活躍。最近は、声優やナレーターといった分野にも活動の場を広げている。〝ショッピングするのは銀座、と私の中では決まっています〟かんじや・しほりこれまでに観たこともない新しいスタイルの純愛物語 舞台のお仕事は、年に1本のペースでさせていただいてますが、まさかの帝劇初主演! まさかの松任谷由実さんと初共演! 今もまだ夢みたいな気がしています。由実さんの曲は小さい頃からずっと聴いていましたし、大好きな曲もたくさんあります。それに、オーディションを受けては落ちてばかりだった昔を振り返ると、伝統ある帝劇の舞台に、しかも由実さんと一緒に立たせていただけるなんて、本当に光栄なことだと思います。 今回の作品は、いつもの舞台とはかなり違うものになると思います。お芝居であり、ライブでもあり、でも、そのどちらでもなく、ミュージカルともまったく違うと、脚本・演出の松任谷正隆さんもおっしゃっていまして。ストーリーも、別れた恋人の脳内世界を旅するという不思議な設定です。ドラマティックな由実さんの曲の世界と、ちょっと不思議でロマンティックな純愛物語が混じりあって、どんな化学反応が起こるのか、私自身すごくワクワクしています。 名曲ばかりの由実さんの曲の中から、何が飛び出すのかは、実際に舞台を見ていただくまでのお楽しみですが、このシーンでこの曲が!? というような思いがけないサプライズもあります。そんな楽しみがいっぱい詰まった作品です。私にとっても夢のような舞台ですが、それが、観ていただくお客さまにとっても夢を観るような素敵な体験になるといいな、と思っています。 渋谷や六本木にはほとんど行かない私ですが、銀座には、本当によく出かけます。銀座から有楽町、丸の内とショッピングをしながら歩くのが、いつものコースです。大好きなお店もたくさんあって、まず、「バーニーズ」をのぞいて、デパートをはしごして、細い通りにもちょこちょこと寄り道しながら、「マロニエゲート」をひと回りして、「エストネーション」にも寄って…とか。ほとんどいつもこのパターンです(笑)。そういえば、初めて芸能人に遭遇したのも銀座でしたね。学校帰りに銀座をウロウロ(笑)していた頃に、酒井彩名さんを見かけて、一緒にいた友だちと一緒に「彩名ちゃーん」って言いながら手を振ったら、振り返してくれたんです。あれはテンション上がりましたね(笑)。 今度の舞台は帝劇での約1ヶ月の公演になりますから、合間に銀座をブラブラできるのがすごく楽しみなんです。いつものコースはもちろんですけど、絶対に立ち寄りたいのが「梅林」さん! ここのカツ丼がすごく美味しいんです。カツの上に乗った卵がとろ〜っと半熟で…あ、急に食べたくなってきちゃいました(笑)。 銀座は大人の街ってよく言われますけど、私にとってはいつも行くお馴染みの街。なんだかホッとするというか、落ち着きます。中学時代から通い慣れた街ですから、勝手知ったるなんとやら(笑)、です。Profile勝手知ったるお馴染みの場所銀座は、本当に大好きな街今年、開場101年目を迎えた帝劇が、次の100年に向けてのスタートにふさわしい作品と自信を持ってお届けする、まったく新しいエンターテインメント。交通事故で重大な怪我を負ったかつての恋人に呼び寄せられた千佳。彼女は意識不明の彼の脳内へ入りそこで彼と再会。2人で記憶の中を旅しながら、同じ時間をまったく違う思いで過ごしてきたことに愕然とする。やがて2人がたどり着く場所とは!?この純愛物語の案内人を松任谷由実が務め、彼女の楽曲と芝居がコラボレート。ミュージカルとは違う新たなアプローチが、観る人の心をドラマティックに揺らします。Theater Preview8月31日●脚本・演出:松任谷正隆●出演:松任谷由実/貫地谷しほり/吉沢悠/陽月華、他10/7(日)~31(木) 帝劇にて公演~夏休み最後の日~問合せ/東宝テレザーブ ☎03-3201-7777

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です