Ginza Net Times Vol.27
10/24

Ginza Net Times 10応援や期待をチカラに代えて世界のトップに立ち続ける!よしだ・さおり1982年三重県生まれ。自宅でレスリング道場を開いていた父の指導で3歳からレスリングを始め、2000年の世界ジュニア選手権で優勝。02年のジャパンクイーンズカップで世界女王・山本聖子を破り優勝し、アジア大会、世界選手権を制覇。現在、オリンピック3連覇。世界選手権と合わせ13連覇という偉業を成し遂げ、国民栄誉賞を受賞した。Athlete Interview吉田沙保里レスリング│オリンピック3大会連続の金メダル、おめでとうございます。「ありがとうございます。でも今回は、27年のレスリング人生の中で初めて、負けるかもという不安に襲われました。オリンピック直前の大会で負けたことで自信が揺らいでしまって…。自分のスタイルを変えなくては勝てない、と思いましたし、緊張で眠れないという初体験もしました。そんな中で金メダルを獲得できたのは、やはり皆さんの応援、声援がとても大きかったです」│日本中から金メダルを期待されているプレッシャーも大きかったのでは?「期待していただくのはうれしいし、どんどんしてほしいです(笑)。それに、注目をしてもらえるから頑張れるということもあります。そういう一つひとつが自分を成長させてくれていると思います。応援をチカラに代えて、苦しい練習にも耐えて、夢や目標に向かってひとすじに突き進んできたからこそ、金メダルという最高の結果を出すことができました」│世界選手権と合わせて13連覇を達成して、国民栄誉賞も受賞されましたね。「偉大な方ばかりが受賞している賞を私がいただいていいのか、という思いもありました。受賞式典では、緊張で訳がわからないうちに事が進んでいましたし(笑)。でも、言葉にならないくらい本当にうれしい出来事でした」│勝ち続けるために必要なこと、大切なことは何でしょう?「〝勝ちたい〞と思う気持ちの強さだけは、誰にも負けないつもりでいつもいます。勝ちたいと思えば思うほど、プレッシャーや緊張や不安も大きくなりますが、それは相手も同じだと思うんです。そして、やるからにはやっぱり勝ちたい。負けず嫌いなんです、昔から(笑)。いろいろな雑念に負けないくらい強く、世界中の誰よりも強く〝勝ちたい〞と思い続けて、ここまでやってきました」│その想いを支える周囲のバックアップも大きいですね。「そうですね。日本中の皆さんの応援と共に、所属しているALSOKにも感謝しています」│ALSOK体操のCMも楽しいですよね。「ありがとうございます。あのCMで親しみを感じてくださる人も多いみたいです。今後もいろいろな方に応援していただけるよう、しっかり練習をし、それを自信に変えて次の目標へ突き進みます」●プロフィールまだ銀座デビューしたばかりこれから積極的に楽しみたい勝ち続けるためのセオリーそれは、誰にも負けない気持ち輝くトップアスリート̶銀座の印象は?「お金持ちが行く街だ、とずっと思っていました(笑)。三重県の津市で生まれ育って、東京にも銀座にも縁のない生活をしてきましたから(笑)。もう、銀座っていう響きがキラキラと華やかで、いいなぁと憧れはありました」̶銀座でオススメの場所は?「最近、東京に出てきまして、銀座へも足を運ぶようになりました。ただ、いつもスタイリストさんに連れて行っていただくので、まだお気に入りのお店が指定できるほど通ではないんです。これから少しずつ、銀座に自分を馴染ませていきたいと思います(笑)。銀座の街をブラブラと歩く姿が様になったら、きっとカッコイイですよね」

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です