こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  




寛文五年堂
[銀座7丁目]
本場の味を、
銀座にいながら堪能できる幸せ。
 秋田と言えば、いなにわうどん。その地元、秋田は稲庭で300年以上も前(屋号にある通り、寛文五年!)からいなにわうどんを作り続けている製造元が直営するうどん屋。それがこの店だ。

 日本三大うどんのひとつに数えられるいなにわうどんの中でも、この店の「いなにわ手綯(てない)うどん」は、世界的な食品コンクール、モンド・セレクションで、最高位の大金賞を9年連続で受賞しているとびきりのうどん。一番美味しいと感じる麺の太さや、心地よい食感を知り尽くした職人たちが、一本一本丁寧に手作りしているのだから、改めて言うまでもないが、抜群に美味しい。
>
 この店に通ってしまう理由は他にもある。たとえば、一品料理が充実していること。そして、それが美味しいこと。昔のそば屋のように一品料理をつまみながら、じっくり酒を飲む…なんて楽しみ方ができるのも粋だ。

 夜型人間の@マーシーとしては、夜中まで営業しているのもうれしいところ。つるりとやさしいいなにわうどんは、軽めの夜食にぴったり。クセになること請け合いだ。

(談・@マーシー)
店名 寛文五年堂
住所 中央区銀座7-6-5 石井紀州屋ビル1階・地下1階
電話 03-3571-6076
営業 平日 11:30~14:00、17:30~25:00
土祝日11:30~15:00、17:00~21:00
定休日 日曜(夏季、正月)
アクセス 東京メトロ銀座駅B5出口から徒歩5分
その他