こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  
ひんやりさっぱり! 余り野菜でカンタンにできる 冷製・夏パスタ
材料(2人分)

パスタ(細め)/160g
オリーブオイル/40cc
オニオンスライス/1/4個
ホワイトツナ/60g
フルーツトマト(普通のトマトでもOK)/2個
オリーブ(スライスでもOK)/8粒
オクラ/6本
焼きナス/1本
塩/2g
こしょう(粗挽き)/0.5g
ルッコラの葉/6本
スライスチーズ(粉チーズでもOK)/5g
おうちでお手軽プロの味♪銀座NB CLUB土門シェフの旨レシピ vol.2
ひんやりさっぱり! 余り野菜でカンタンにできる 冷製・夏パスタ
[下ごしらえ]
○オニオンスライス:繊維を切るように葉先からスライスし、水にさらす。
○ホワイトツナ:軽くほぐす。
○フルーツトマト:よく洗って乱切りに。
○オクラ:沸騰したお湯に塩を加えてから3分ボイル。冷水で覚ましてから筒切りに。

[作り方]
(1)大きめのボールに、下ごしらえしたオニオン、ツナ、トマト、オリーブ、オクラを入れ、オリーブオイルを振って軽くまぜておく。
(2)4リットルのお湯に20gの塩を加え、パスタを茹でる。
(3)ボイル時間の1分前にパスタをあげ、氷水でよく覚まし、ザルに取って水気をよく切る。
(4)野菜の入ったボールにパスタを加え、塩、こしょうで味付け。
(5)器に盛り付け、周りにルッコラを置き、焼きナスとチーズを乗せる。

Point 1 オイシーひと手間
器は冷蔵庫で冷やしておくと、おいしさぐーんとアップ!

Point 2 オイシーこだわり
トマトはあえて皮付きのまま使用。夏の完熟したトマトは食感がよく、酸味や甘みが皮の周りにたっぷりなので、皮付きの方がだんぜんオイシー!

Point 3 焼きナスはこう作る
(1)先のほうから箸を刺して穴を 開けておく。
(2)直火か、焼き網で皮を焦が すように焼く。開けた穴から 湯気が出てきたらOK。
(3)冷水にとって皮をむき、タテ 4等分に切り分ける。
BACKNUMBER VOL.15 「鱈・牡蠣・茸のバター焼き」
VOL.14 「秋鮭のムニエル 紅しょうが風味」
VOL.13 「鰹と新玉ねぎの和え物」
VOL.12 「牛肉の春野菜巻き、ふき味噌添え」
VOL.11 「雪見鍋」
VOL.10 「サンラー・ホット鍋」
VOL.9 「戻りガツオとアボガドの和え物」
VOL.8 「マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て」
VOL.7 「鮪の漬けサラダと鶏肉のピリカラ和え」
VOL.6 「鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き」
VOL.5 「ダイス漬けサラダ」
VOL.4 「春しゃぶ」
VOL.3 「秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース」
VOL.2 「冷製・夏パスタ」
VOL.1 「細麺パスタ入り、ミネストローネスープ」