こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  
カンタンなのに本格派!旬の美味しさを満喫する 秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース
材料(2人分)

帆立貝柱(生食用)/4個
ナス/1本
塩/1g
こしょう/0.5g
小麦粉/20g
オリーブオイル/30cc

<ソース用>
トマト/1個
バジリコの葉/3枚
黒オリーブ(種なし)/4粒
オリーブオイル/20cc
塩/3g
バルサミコ酢/60cc
おうちでお手軽プロの味♪銀座NB CLUB土門シェフの旨レシピ vol.3
カンタンなのに本格派!旬の美味しさを満喫する 秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース
[下ごしらえ]
○帆立貝柱:輪切りで2等分に。
○ナス:筒切りで8等分に。
○トマト:皮をむいて横半分に切り、種をとって角切り。
○バジリコの葉:粗めのみじん切り。
○黒オリーブ:スライス
○バルサミコ酢:20ccまで煮詰めて冷ましておく。

[作り方]
(1)帆立貝柱に塩こしょうをし、小麦粉をまぶす。この時、余分な粉はよく払っておく。
(2)フライパンにオリーブオイルを敷き、中火で帆立貝柱をこんがりと焼く。残りのオイルでナスを焼く。
(3)トマトをボールに入れ、バジリコの葉、黒オリーブ、オリーブオイル、塩を加えてよく混ぜる。
(4)器にナスと帆立を交互に盛り付け、中心に生トマトのソースを盛り付けたら、バルサミコ酢をかける。

Point 1 オイシーこだわり
帆立やナスを焼く時のフライパンは、テフロン加工のソテーパンがオススメ。素材がフライパンにくっついたりせず、キレイに焼きあがるので、見た目にも美味しそう!

Point 2 トマトの皮むき
直火で皮を焼き、冷水にとって皮をむく。湯むきでもOK。なお、湯むきの仕方は創刊号の旨レシピの通り。

Point 3 オイシーひと手間
焼いた帆立とナスは、ペーパータオルにとって余分な油を落とすと後味さっぱり。しかもヘルシー!
BACKNUMBER VOL.15 「鱈・牡蠣・茸のバター焼き」
VOL.14 「秋鮭のムニエル 紅しょうが風味」
VOL.13 「鰹と新玉ねぎの和え物」
VOL.12 「牛肉の春野菜巻き、ふき味噌添え」
VOL.11 「雪見鍋」
VOL.10 「サンラー・ホット鍋」
VOL.9 「戻りガツオとアボガドの和え物」
VOL.8 「マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て」
VOL.7 「鮪の漬けサラダと鶏肉のピリカラ和え」
VOL.6 「鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き」
VOL.5 「ダイス漬けサラダ」
VOL.4 「春しゃぶ」
VOL.3 「秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース」
VOL.2 「冷製・夏パスタ」
VOL.1 「細麺パスタ入り、ミネストローネスープ」