こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  
シェフがハマった美味しさ! お鍋一つでパパッと、春の味覚を満喫。 春しゃぶ
材料(2人分)

豚肉(バラorしゃぶしゃぶ用ロース)/100g
鶏肉/100g
ほうれん草/0.5束
根三つ葉/0.5束
セリ/0.5束
醤油&レモン汁(ポン酢でもOK)/30cc

<スープ用>
鰹だし汁(水でもOK)/2000cc
日本酒(調理酒)/150cc
生姜/50g
ニンニク/2片

<〆のおじや用>
ご飯/200g
玉子/2個
万能ねぎ/0.2束
塩/5g
おうちでお手軽プロの味♪銀座NB CLUB土門シェフの旨レシピ vol.4
シェフがハマった美味しさ! お鍋一つでパパッと、春の味覚を満喫。 春しゃぶ
[作り方]
(1)鍋に鰹だし、日本酒、つぶした生姜とニンニクを入れ、ひと煮立ちさせる。
(2)薄切りにした肉や、水洗いした野菜を、食べる分だけその都度加え、15秒ほどで取り上げ、醤油とレモン汁のつけだれに付けて食べる。
(3)肉と野菜を食べ終えたら、残り汁から生姜とニンニクを取り出し、塩を加える。
(4)ご飯の入れ、ひと煮立ちしたらとき卵を加えて火を止め、蓋をして5分ほど蒸らした後でみじん切りにした万能ねぎを加える。

Point 1 オイシーこだわり(1)
春野菜はあまり火を通しすぎると香りが飛んでしまうので、15秒ほど軽く汁の中でしゃぶしゃぶするくらいの方がおいしくいただけます。

Point 2 オイシーこだわり(2)
豚肉とほうれん草だけでも充分おいしいですが、春野菜をいろいろと入れた方が季節感もあり、一層おいしくなります。

Point 3 NGアレンジ
アクの強い牛肉やお魚は、においが強すぎて春野菜の香りを消してしまうのでこのお鍋には不向きです。

Point 4 オイシーひと手間
つけだれにコチュジャンを少し加えるとピリっとしまった味に。また、〆のおじやにワサビを少し加えると、風味がアップしておいしさ倍増です。
BACKNUMBER VOL.15 「鱈・牡蠣・茸のバター焼き」
VOL.14 「秋鮭のムニエル 紅しょうが風味」
VOL.13 「鰹と新玉ねぎの和え物」
VOL.12 「牛肉の春野菜巻き、ふき味噌添え」
VOL.11 「雪見鍋」
VOL.10 「サンラー・ホット鍋」
VOL.9 「戻りガツオとアボガドの和え物」
VOL.8 「マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て」
VOL.7 「鮪の漬けサラダと鶏肉のピリカラ和え」
VOL.6 「鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き」
VOL.5 「ダイス漬けサラダ」
VOL.4 「春しゃぶ」
VOL.3 「秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース」
VOL.2 「冷製・夏パスタ」
VOL.1 「細麺パスタ入り、ミネストローネスープ」