こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  
休日ランチにぴったり!おうちでカフェ気分が味わえる一品 鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き
材料(1人分)

鶏もも肉/1枚(150g)
塩/2g
こしょう/1g
オリーブオイル/20cc
(※サラダ油でもOK)
メークイン/100g
(ジャガイモでもOK)
明太子/小さじ2杯
(またはカレー粉…小さじ1杯)
マヨネーズ/60g
粉チーズ/10g
おうちでお手軽プロの味♪銀座NB CLUB土門シェフの旨レシピ vol.6
休日ランチにぴったり!おうちでカフェ気分が味わえる一品 鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き
[作り方]
(1)鶏もも肉のスジを切り、叩いて均一の厚さにのばしたら、塩、こしょうをして10分ほど寝かせる。
(2)メークインは皮をむき、5mmほどの厚さの輪切りにしてゆでておく。
(3)明太子(またはカレー粉)とマヨネーズを合わせる。
(4)フライパンにオリーブオイルを入れ、鶏肉の皮目を下にして乗せてから火をつける。
(5)弱火で10〜12分フタをしないで焼き、鶏肉の3/4が白っぽくなってきたらフライパンから取り出す。
(6)フライパンに残った油をパイ皿か耐熱皿に移し、ゆであがったメークインを敷き詰めた上に皮目を上にして鶏肉を乗せる。
(7)(3)で合わせたソースをたっぷり塗り、粉チーズを振りかけてオーブンかトースターでこんがり焼き色がつくまで焼く。※オーブンやトースターがない場合は、電子レンジでもOK。
(8)季節の野菜を敷いたお皿の上に焼き上がった鶏肉を乗せてできあがり。

Point 1 弱火ってどのくらい?
レシピで「弱火で焼く」という表現が出てきたら、フライパンの下に火がギリギリ届く程度の火加減で焼きましょう。

Point 2 オイシーこだわり
作り方の(4)で鶏肉を焼く時は、必ず、フライパンに油と鶏肉を先に入れてから火をつけます。先に火をつけてフライパンを熱しすぎるのはNG。

Point 3 オイシーひと手間〜1〜
オーブンに移して焼く前に、鶏肉をひと口大に切り分けておくと食べやすくなります。盛りつけ方も自分なりにアレンジしてみては。

Point 4 オイシーひと手間〜2〜
盛りつけは季節の野菜を付け合わせてカフェのランチのように華やかに。ホールコーンやチーズの角切りをプラスすれば、彩りも味わいもさらに良くなります。

BACKNUMBER VOL.15 「鱈・牡蠣・茸のバター焼き」
VOL.14 「秋鮭のムニエル 紅しょうが風味」
VOL.13 「鰹と新玉ねぎの和え物」
VOL.12 「牛肉の春野菜巻き、ふき味噌添え」
VOL.11 「雪見鍋」
VOL.10 「サンラー・ホット鍋」
VOL.9 「戻りガツオとアボガドの和え物」
VOL.8 「マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て」
VOL.7 「鮪の漬けサラダと鶏肉のピリカラ和え」
VOL.6 「鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き」
VOL.5 「ダイス漬けサラダ」
VOL.4 「春しゃぶ」
VOL.3 「秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース」
VOL.2 「冷製・夏パスタ」
VOL.1 「細麺パスタ入り、ミネストローネスープ」