こだわりの”銀座スタイル”提案マガジン  
ギンザネットタイムス  
濃厚なのにさっぱり美味しい! マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て
材料

マグロ(赤身)/100g
にら/1/10束
長いも/30g
しょうゆ/10cc
しょうが/5g
片栗粉/10g
小麦粉/10g
サラダ油/15g
長ねぎ/10g
アボカド/1/2個
小松菜/1/5束
<ソース用>
しょうゆ/20cc
みりん/10cc
酒/10cc
おうちでお手軽プロの味♪銀座NB CLUB土門シェフの旨レシピ vol.8
濃厚なのにさっぱり美味しい! マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て
[作り方]
(1)マグロは包丁で叩いてミンチにする。
(2)長いもは厚めのビニール袋に入れて叩きつぶす。
(3)ミンチにしたマグロ、叩いた長いも、7mmの角切りにしたにら、しょうゆ、みじん切りしたしょうが、片栗粉をボールで混ぜ合わせる。
(4)混ぜ合わせた具を小さめのボール状に丸め、小麦粉をまぶしてから焼きあげる。
(5)ソース用の調味料をひと煮立ちさせてソースを作っておく。
(6)小松菜を短冊に切って炒めたら、器の中央に盛りつける。
(7)小松菜の上に焼きあげたマグロバーグを盛りつけ、スライスしたアボカドを乗せてソースをかける。
(8)長ねぎなどの千切り野菜を乗せてできあがり。

Point 1 ヘルシーアイデア
マグロの赤身は火を通すとお肉のような濃厚な味わいに。お肉よりもカロリーが低いのでヘルシーなのもうれしい。

Point 2 オイシーアイデア
最後に乗せる千切り野菜は、長ねぎだけではなく、にんじんやきゅうり、セロリ、貝割れ大根など種類を増やせばおいしさもアップ。

Point 3 オイシーひと手間
ソースは、マグロバーグを囲むように円を描いて。トビコやとんぶりなどを飾ればゴージャスに。

BACKNUMBER VOL.15 「鱈・牡蠣・茸のバター焼き」
VOL.14 「秋鮭のムニエル 紅しょうが風味」
VOL.13 「鰹と新玉ねぎの和え物」
VOL.12 「牛肉の春野菜巻き、ふき味噌添え」
VOL.11 「雪見鍋」
VOL.10 「サンラー・ホット鍋」
VOL.9 「戻りガツオとアボガドの和え物」
VOL.8 「マグロ・ニラ・アボカドのハンバーグ仕立て」
VOL.7 「鮪の漬けサラダと鶏肉のピリカラ和え」
VOL.6 「鶏もも肉とメークインのマヨネーズ焼き」
VOL.5 「ダイス漬けサラダ」
VOL.4 「春しゃぶ」
VOL.3 「秋ナスと帆立貝のソテー 生トマトとバルサミコ酢のソース」
VOL.2 「冷製・夏パスタ」
VOL.1 「細麺パスタ入り、ミネストローネスープ」